コンプレッサー高価買取のポイント|コンプレッサーやアルミウイングの買取!【車両を上手く手放すコツ】

コンプレッサー買取依頼前にチェックしておきたいポイント

不要になった車輌は専門の買取業者へ

不要になった車輌や工事用品は、専門の買取業者へ買取してもらいましょう。専門業者ならば、中古でも高価格で買い取ってもらえます。

まずは業者へ問い合わせ

コンプレッサーを少しでも高く売るには、やはり少しでもキレイな状態であるべきです。しかし、故障や損傷が合っても専門の業者は買い取ってくれます。まずは気軽に問い合わせしてみましょう。

便利な買取方法ベスト3

no.1

主張買取

コンプレッサーを買取依頼する場合に最も便利な買取方法が出張買取です。問い合わせをするだけで現地に専門の担当スタッフが伺います。その場で査定から支払いまで済ませることができます。

no.2

宅配買取

便利な買取方法第二位は宅配買取です。問い合わせをして、専門業者の店舗まで配送をするだけで査定から入金まで行ってくれます。送料は業者が負担してくれるところがほとんどです。

no.3

持ち込み買取

便利な買取方法第三位が持ち込み買取です。実際に買取業者の店頭まで持っていけば査定と支払いを済ませることができます。好きなタイミングで持ち込むことができるので気軽です。

コンプレッサー高価買取のポイント

作業員

計器に損傷はないか

コンプレッサーの計器の破損は買取の際に多くみられます。計器の破損は、正しくエアーを軽量できない原因になるので買取金額が下がる可能性があります。同じようにエアー取り出し口の破損も確認しておきましょう。この2点の破損は買取金額に大きく影響する部分です。

タンクに損傷はないか

意外と気づきにくい破損が、コンプレッサーの中にあるタンクの損傷です。タンクが破損しているとオイル漏れなどの危険性があります。長年同じコンプレッサーを使用していると、なにもしていなくても腐敗して穴があくことがあります。買取依頼前にタンクの損傷はしっかりとチェックしておきましょう。

その他に損傷はないか

カバーの内部やコード類、機器類の破損も多く見受けられます。これらの損傷が原因でエアー漏れやオイル漏れにつながることもあります。また、コンプレッサーの内部だけではなく外部にも気を配りましょう。足回りに損傷があり、ガタつきがある場合も買取金額へ影響してしまいます。

電源コードはあるか

コンプレッサーを利用する時は、電源コードを切断して違うコードに付け替えるケースもあります。新品と同じ状態でない場合は買取価格に影響する可能性があります。しかし、電源コードが切断されていてもほとんどの業者では査定から買取まではしてくれるので、電源コードが切断されていてもとりあえず査定をしてもらいましょう。

広告募集中